MENU

2016年の度主婦でも借りれる消費者金融の栞から抜粋!主婦でも知ってて安心おすすめの大手消費者金融(即日や低金利、無利息等の目的別)ランキングになります!

主婦が審査を通過するには?

消費者金融における主婦と審査の関係のご説明

消費者金融を利用する時に主婦がまず最初に気になるのが、審査かと思います。急な出費が重なった時お金が必要になります。その様な時に簡単にお金が借りられる事が出来るのはとても助かります。借り入れの時担保が不必要で簡単に個人へお金の融資のをしてくれるのが消費者金融会社なのです。しかし仕事をしてない為未収入な主婦の借り入れの時の審査ですが、多くの消費者金融企業では受付けていません。働いていないと言う理由で申し込みの審査には通らずお金の借り入れが出来ないのがげんじょうです。その様な時には、消費者金融会社からの借り入れではなく、銀行のカードローンを使用し申し込む事で、仕事をしていない主婦でも簡単にお金を借りる事が出来るということです。

 

銀行系カードローンには規則があります。その中の一つですが、、お金の申請をする人の年齢ですが、満20歳から65歳まででしたら、未収入の奥様でも旦那様がきちんとした所に勤務していることが分かれば借り入れは許可されます。学生や永住許可を取得している外国の方でも申請が出来ます。また、大変短い時間で査定しお金の 貸し付けが出来るのも特徴と言えるでしょう。突然お金が必要になった時、最短で申し込んだ当日に必要の金額を借りられる時もあります。又、お金の借り入れや返済の時ですが銀行や提携 しているコンビニ等にあるATM機を使い返すことができ、嬉しい事に利用手数料はかからないのです一々遠くの銀行に行かなくても、近くの銀行やコンビニで返却出来る事は忙しい人にとっては助かります。このシステムはとても好評です。

 

銀行系カードローンの申請ですが、電話やインターネットからできますが、即お金が必要な人には、ATMコーナーに 置かれているテレビ窓口などを使い申し込みをすると良いでしょう。テレビ窓口で申し込みをする時は準備をするものがあります。免許証や住所や電話番号など分かる勤め先の情報、源泉徴収票や住民税確定納付書等の収入証明書等です。予めホームページから準備するものを確認し申請の時に 申請受付書類をもらえる金融会社もありますから手に入れて予め記入しておきますと短時間で手続きが完了しますからやっておく事をおススメします。申請受付は平日だけでなく土日祝日もやっております。利用時間も長いので勤め人にはとても助かります。申請の時は、受付の方の言うとおりにすると申請手続きが進み、受付の人の質問に返答しながら、同じ様にやりで申し込みをします。申し込みの時に 判定をされ、合格すると同時に即カードも作られ、即入用なお金を手に入れる事が出来る仕組みなのです。

 

銀行系カードローンの第一の良さは銀行であるからの信頼出来る金利と、幅のある融資限度額なのです。主婦が初めてお金を借りる時など、返済方法を知らせてくれるメールサービスなどもあり完璧に頼りになる借り入方法なのです。最も重要な事ですが、もしお金を借りる時には、借りる額を最小に抑えてゆったりとした返済計画で返却する事が大変重要な事です。

主婦の限度額はいくら?

消費者金融における主婦と限度額の関係のご説明

次に消費者金融で主婦が気になるのが「いくらまでお金を借りれるのか」、つまり限度額ですよね。2010年6月に貸金業法が改定し、それによって未収入の主婦は借り入れの申請が出来なくなってしまったのです。貸金業法の法律である総量規制が 構成されてしまったというわけです。総量規制の決まりには、「お金の借り入れを所望している人の1年間の所得の3分の1以上は貸付をしてはならない」と定められ働いていない主婦の方は借り入れの申請がまったく出来なくなってしまったのです。しかし主婦であっても仕事をしている人や、パートやアルバイトをして小額でも所得がある方だけのみが消費者金融が発行しているカードローンで申請することが可能なのですが、未収入である主婦は申請することが 行えないのです。消費者金融は、国が制定している法律の貸金業法の管理下で操業してますから、総量規制の標的となり、その為未収入の主婦はお金を借りる事が出来なくなってしまいました。しかし唯一銀行のカードローンを所持していると仮定すれば、働いていない主婦でもお金の借り入れの申請が可能になりました。貸金融会社と違い銀行は銀行法の管理下にあり、貸金業法の管理下には入っていないからです。その事は総量規制の範囲外だからです。ですから未収入の主婦の方も、銀行のカードローンを所持していれば借り入れを申請しお金を借りることが出来るというわけです。

 

しかし、銀行というものは、各々の銀行ごとに 融資する時の決まりが定められており、その決まりの中の一つに「借り入れの申し込みをする人は、本人が働いていること」という但書きが有る為その様な銀行には、申請する事は出来ないのです。現在は銀行のカードローンも多種多様で、旦那様の承認が必要な所と要らない銀行のが有ります。普通一般の主婦の方達が所持しているカードローンの限度額ですが、もし審査に通過したとしても通常高額融資は受け付けておりません。最高限度額ですが、30万円までなのです。ですから借り入れ金額が低いために、申し訳ありませんが、金利は大変高く、現在の相場の最高金利が実行されています。有り難い事にネット銀行の中には、貸付限度額の最高が30万円から800万円の銀行もありますが、その場合ですが、金利は年率3.8%から13.8%の決められております。

 

実を言いますと、貸金業法の総量規制ですが、「配偶者貸付」というト特別の決まりが設けております。 この制度は、「申し込み者に収入がなくても、旦那様と合わせた年収の3分の1以下までなら貸付が可能」という決まりです。しかし残念な事に、有名な消費者金融でさえもこの配偶者貸付を行っているところは、今の現ところ皆無と言って良いでしょう。この配偶者貸付を行っている金融業者は本当にわずかで、小さな消費者金融の中には、配偶者貸付の受付をしている業者が二三あるのが現実です。

 

消費者金融の配偶者貸付制度に申し込む時ですが、準備をして頂く文書があります。一つ目は個人を証明する住民票、これは婚姻関係を証明します。本人を確めるの為の運転免許証やパスポートなど、それと旦那様の同意書 も用意して下さい。これは限度額によってですが、収入証明書も準備して頂く時もあります。銀行のカードローンに付いてですが、カードローンの使用を申し込んだ銀行のキャッシュカードを所持している人なら当日融資が出るのですが、持っていない方は、カードが配達されるまでに1週間程日にちがかかります。

主婦だと在籍確認はどうなるの?

消費者金融における主婦と在籍確認の関係のご説明

加えてどうしても頭によぎるのは、なんだかよく分からない在籍確認ですよね。現在まで消費者金融は働いていない主婦にはお金を貸す事はありませんでした。と、言いますのは消費者金融会社は貸金業法という法律のに管理下にあるからなのです。又貸金業法の法律の一つに「総量規制」と言う規定があります。「総量規制」とは、未収入の人にはお金を貸してはいけない、と言う規定です。よって、主婦でもパートやアルバイトの仕事を持っていて、毎月固定収入がある人ならばお金の申し込みが出来るようになりました。

 

しかし有り難い事に「総量規制」にも特例があります。仕事を持っていない主婦の方であっても、旦那様に毎月の固定収入がある人であるならば消費者金融でお金の申請が出来ると言うわけです。この仕組みが「配偶者貸付制度」と呼ばれています。いわば 例外なのです。しかし現在大手の消費者金融会社でこの例外を使用している会社はありません。金融会社の中でもほんの一部の会社だけがこの例外認めているのです。それは配偶者貸付制度には規則がありそれは、何種かの必要な書面を提示しなければいけないのです。この必要な書類の確認作業に時間が係り、とても面倒で手間がかかる割にはの割には利益が上がらないのです。

 

働いていない主婦の方が急にお金をが必要になった時は、銀行系のカードローンでの申請を推奨します。銀行というものは、現在銀行法の管理下所属しており貸金業法の管理下ではないのです。と、言う事は総量規制の枠には入っていません。ですから働いていない主婦の方でも申請できお金を借りる事が可能なのです。普通銀行のカードローンの査定については消費者金融会社より困難なのですが、仕事をしていない主婦でも申請する事が出来ます。何より嬉しい事に消費者金融よりも低金利なので、安全な借入れと言えます。殆どの銀行のカードローンは、申請する人の御主人様に固定収入が認められれば、奥様の借入れの審査は通ります。旦那様の許可の確認の上で借り入れが可能となります。申請の折には、ご主人様の勤め先を 事細かに知らせる決まりになっています。が、通常旦那様の勤務先への在籍確認の通知はしません。ただし、申請書に間違いがあったり、申告内容に不備な点が見つかりましたら、ご主人様の仕事の確認をする場合もあります。

 

主婦が借り入れをする時ですが、もし融資の審査が受かったとしても限度額は低額です。現在の限度額は30万円〜50万円というのが通例です。主婦の場合、勤務先が無い為は存在籍確認は出来ません。銀行の中でも、ネット銀行は、大手銀行より審査に通り易い様です。ネット銀行はまだ多くの人に知られていない為申請する人もあまり無い為、貸付審査の確認を甘くすることで沢山のお客様に使って頂きたいからです。ただし、ネット銀行でも、申請書類に誤りが発見された時には審査に合格することは不可能になります。

主婦だと旦那に内緒にできるの?

消費者金融における主婦と旦那に内緒の関係のご説明

そもそもなんで頭によぎるのかというと、消費者金融を利用することが家族や特に旦那にバレないか、つまり「旦那に内緒」にできるか気になるからに違いありません。主婦は働いていないので収入がありません。ですからお金の借り入れを申し込んで査定に通過したとしてもお金を返すあてがありません。これまで主婦をしていた方はお金を返す手立てがありませんから消費者金融会社に申請するのは不可能です。事実以前はそうでしたが、最近では働いていない主婦でも易しく簡単に消費者金融にお金の申請が出来るようになりました。それと同時に世間に内緒で申し込む事が出来る様になりました。人に知られないでお金の申請が可能でしたら、今までずっと手にいれたかった物を世間に内緒で、気兼ねなく買い物ができます。うれしいですね。

 

しかしこの様な申し込みが可能な金融会社が少ないと言うのが事実なのです。その事は頭に入れておいて下さい。お金を借りたいと思った方は、必ず調べて下さい。未収入の主婦でもお金の借り入れする事ができるかという消費者金融会社を見つける事です。インターネットや、口コミの等で探すと見つけ易いですよ。次に、借りる方が御主人には内緒でお金を借りたいと思っている人は、御主の在籍確認などを絶対しない約束をして下さい。もっと良い方法は、保証人は御主人ではない人にお願いする事です。普通消費者金融に申し込む事は借金を持つと同じ意味ですから保証人を立てるの当たり前のことです。でも働いていない主婦が申し込める消費者金融会社の大多数は、近頃は申し込むときに保証人を設けなくてもよい様になってきました。こお言う訳で未収入の主婦でも簡単にお金を借り入れる事が出来ます。

 

簡単だからと言っても審査はあります。この審査に通らなければお金の借りいれは勿論ですが、申請さえ不可能です。ですからお金を借りる額ですが、返済が気楽にできる金額を借りることが良いやり方だと思います。世の奥様たちは、家計のやりくりで、毎月小額なお金を貯めることがは出来ます、現にやっているひとは多いです。食費や光熱費または水道代等を節約すれば、少しずつでもお金は貯められます。これがへそくりなのです。ですからゆとりのある返済の為にも低額なお金を借りる事です。この様な借り方ですと、旦那様に知られる事無くお金を借り、知られない内に内緒でお金を返却する事ができてしまいます。事実、この様な借り方でどなたの注意も聞く事もなく今までずっと欲しかった物を購入している人が最近は多いのです。 たまには自分に対するごほうびとして、高級ブランド品のバッグやへそくりで、今まで欲しかった洋服、靴などを購入できるのです。欲しかった物を手に入れた時はとても幸せな気持ちになります。

 

借りる前に必ず考える事は、申し込みの審査が通り易い消費者金融を探して下さい。インターネットでも申請できます。申し込んだその日に 判定をしてくれる金融会社もあります。その直後に指定口座に入金をしてくれる会社も、近頃は増加してますから、入金されたその日にに今までずっと欲しかった物を入手することが可能です。